お知らせ

【太陽ワイン発見】1日目その2

←【太陽ワイン発見】1日目その1へ | 【太陽ワイン発見】2日目へ→

 

<セリエドプリンス>

南ローヌで最高峰のワイン「シャトーヌフデュパフ」の協同組合セリエドプリンス。 シャトーヌフデュパフは「法王の城」という意味です。

南ローヌで最高峰のワイン「シャトーヌフデュパプ」の協同組合セリエドプリンス。

シャトーヌフデュパプは「法王の城」という意味です。

 

シャトーヌフデュパフのぶどう畑です。ローヌ河によって運ばれてきた大きな丸石が一面に広がっています。丸石のおかげで通気性と水はけがよくなっています。

シャトーヌフデュパプのぶどう畑です。ローヌ河によって運ばれてきた大きな丸石が一面に広がっています。丸石のおかげで通気性と水はけがよくなっています。

 

この大きな丸石が、昼に太陽の熱を蓄え、夜に熱を放つので力強く長期熟成型のワインができます。

この大きな丸石が、昼に太陽の熱を蓄え、夜に熱を放つので力強く長期熟成型のワインができます。

 

この大きな丸石の土壌は、本当に初めて見た土壌でびっくりしました。 この丸石の上は、歩きにくいです。ぶどう栽培の手間は想像以上だと思います。

この大きな丸石の土壌は、本当に初めて見た土壌でびっくりしました。

この丸石の上は、歩きにくいです。ぶどう栽培の手間は想像以上だと思います。

 

木樽での熟成

木樽での熟成

 

1992年のシャトーヌフデュパフ

1992年のシャトーヌフデュパプ

 

大樽での熟成

大樽での熟成

 

全てのワインをシャトーヌフデュパフと同じ製法で作っています。 所有の畑は、シャトーヌフデュパフと似た土壌で、厳しいぶどうの選定を行い、あえてぶどうの収穫をおさえています。

全てのワインをシャトーヌフデュパプと同じ製法で作っています。

所有の畑は、シャトーヌフデュパプと似た土壌で、厳しいぶどうの選定を行い、あえてぶどうの収穫をおさえています。

 

ジェネラルマネージャーのピエールコーエンさん

ジェネラルマネージャーのピエールコーエンさん、2010年にロバートパーカーから最高の生産者と評価を受けたフィリップカンピー氏と手を組んでいます。何度も100点の評価を受けているグルナッシュの専門家です。

そのおかげで年間30個以上のメダルと素晴らしいシャトーヌフデュパプに仕上がっています。

 

 

←【太陽ワイン発見】1日目その1へ | 【太陽ワイン発見】2日目へ→

TOP